Nyolfen


Biography

Nyolfen

[クラシック、現代音楽の理論と、クリック、テックハウス、エレクトロニカをクロスオーヴァー]
というコンセプトを標榜しながらも、その音楽は「アルゴリズミック」なものではなく、音の間、展開に古典的な美意識が垣間見える。
1台のラップトップから奏でられるその独特の音空間が、世界中のオーディエンスに支持されている。

2006年からラップトップによるライブ活動を開始。都内を中心に代官山AIR、中目黒Solfa等、各所のクラブに出演する。
2007年、1st Album “The Escapist”をリリース。
2008年に再編集を行い、”The Escapist[ReEdited]”として新たにリリース。3年以上に渡りロングセールスを記録している。
2009年にはSound & Recording Magazine誌上で開催された「Ken Ishii リミックスコンテスト」で佳作を受賞。70DrumsよりiTunes Storeで音源がリリースされた。
そして、2010年5月、フルアルバム”As the earth dances”をリリース。
その音楽性を高く評価され、タワーレコード渋谷店J-Indiesランキングにチャートインし、大々的にコーナー展開が行われた。
また、表題曲である”As the earth dances”のPVはスペースシャワーDAXに公開されている。

Nyolfen is based on Tokyo, playing live acts with Laptop PC and Propellerhead ‘Reason’ since 2006. Genres of his tracks are the hard techno, minimal house, tech house and so on. The first album, “The Escapist”, released at the end of 2007, realizes his creativity.
His concept is ‘the approaches to the techno, by the theory in classical music, or in contemporary music.’ However, his sound doesn’t smell of ‘algorithmic’, but of ‘classical aesthetic sense’, so which brings unique sound space to the audience.

試聴はこちらから

Releases

Nyolfen - Eclipse EP

Nyolfen
Eclipse EP

Nyolfen - As the earth dances

Nyolfen
As the earth dances

Nyolfen - The Escapist [ReEdited]

Nyolfen
The Escapist [ReEdited]

Nyolfen - Without EP

Nyolfen
Without EP

Nyolfen - The Escapist

Nyolfen
The Escapist